So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ややこしいThunderboltとMIniDisplayPort [MAC]

前の記事から、外出先で機材をお借りしてのMacワークのお話をしていますが、今回は手持ちのMacBookProをimacやディスプレイにミラーリングするケースのお話。
IMG_0325.JPG
まずimacを外部ディスプレイとして使うケース。上の写真のThunderboltケーブルとMIniDisplayPortケーブル、コネクタの口は同じなのだが、マシンによって用途が変わる。若干ややこしい。現在246でメインで使っているMacは全て2011モデル(Thunderbolt搭載モデル)なのだが、MacとMacを接続してミラーリングする場合、同モデルは、Thunderboltケーブルを使用。それ以前のモデルではMIniDisplayPortケーブルとなるようだ。

DSCN1114.JPG
IMG_0324.JPG
一方、ディスプレイに接続する場合は、以前の記事にしたMIniDisplayPort変換ケーブルでDVIやHDMI経由で接続するのが正解のようである。この時点で今回購入したMIniDisplayPort to MIniDisplayPortのケーブルは用途を失った。

DSCF0322.JPG
IMG_0146.JPG
DSCF0321.JPG
Thunderboltケーブルを使用してMacBookPro2011とImac2011でミラーリングを試みたが、動作しない。これにはかなりショックを受けた。このいわゆるディスプレイターゲットモードは、コマンド+F2で切替という事なのだが、まったく変化なし。ネットで調べてみると、OSの状態やキーボードの種類などに影響を受けるようだ。これでThunderboltケーブルも用途を失うのか?Thunderboltケーブル、高いんだよねー。という事で、前から気になっていた、ブラックマジックデザインのThunderboltのキャプチャデバイスを購入する事を決めた。詳細はまたこのブログでご報告しよう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。